×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

蕨市柔道連盟
精力善用 自分が持つ心身の力を最大限に使って、
社会に対して善い方向に用いることです。
「礼に始まり礼に終わる。」と言われるように、
礼は柔道ではごく自然な動作であり、心構えです。
表面上の強さのみにとらわれるのではなく、柔道を学ぶことができます。
自他共栄 相手に対し、敬い、感謝をすることで信頼し合い、助け合う心を育み、
自分だけでなく他人と共に栄えある世の中にしようとすることです。
道場では社会人から小学校低学年が上下関係のもと、
人間関係の基礎が構築されています。
難しく聞こえますが、本道場ではごく自然に学べます。

昭和23年に蕨市に柔道と剣道ができる道場が設立されました。

若者達の元気な声が聞こえ体心を鍛える目標を持ち、小学生から大人まで楽しい稽古をしてきました。 月日が経つにつれ先輩の皆さんの指導により礼儀作法・言葉遣いが自然に身に付き、他では学べない事が年齢の差のある人達と一緒に『柔道』を通じて学べる事、時には辛い事を我慢しなくてはいけない事が稽古をする事で徐々に『強いからだと強い精神』が身に付き、お互いを敬い励まし合い、他市の道場の大会で自分の力を試す事が出来た時は勝負は関係なく大変感動する事が出来、もっともっと稽古をしようという気になります。

蕨市柔道連盟は67年の歴史があります。

その間埼玉県の大会では5年連続で『優勝』、国体選手日本代表で活躍し優秀な成績を残した選手など、日本で一番小さな市から世界の柔道に通じる選手が多く生まれています。 日本では年々少子化が続き、柔道を志す人が減っています。 現在柔道は、日本の柔道人口の2倍以上の愛好者がいるフランスを含め、世界192ヶ国で学ばれています。 柔道をしっかり習得し、日本の柔道をもっと世界に広める指導者を目指す若者になってみませんか?

日本国技である『柔道』の衰退が心配であります。

中学校に柔道部が無い、高校の柔道部が廃部になるなど、しかし学校教育では2011年より、柔道を取り入れる事になりました。

蕨市柔道連盟は多国籍に活動しています。

蕨市柔道連盟では、カナダ・中国・フランス・イラン・アメリカ・スウェーデン・ブラジル、その他多くの外国の人達が入門し、柔道を学んで帰国しています。 世界にある全てのスポーツで、すべて日本語でルールを進める事が出来るスポーツは唯一『柔道』だけです。 現在は蕨市柔道連盟の先輩方が残した立派な歴史を継承する為、そして日本柔道が無くならない様〔心の通う柔道〕を、これから柔道を始めたい人達へ呼びかけています。

一緒に柔道をしましょう!

現在、カナダ人、中国人による自然に飛び交う英語、中国語で会話できる事も楽しさの1つです。 老若男女、小学生から大人まで、一緒に『柔道』をやりませんか!!

蕨市柔道連盟
会長 宮内 利治

更新情報・お知らせ

2012/02/8
蕨WINKテレビで紹介された動画を掲載しました。
2011/03/19
蕨市柔道連盟サイトオープンしました。